敏感肌の人は紫外線吸収剤に気をつけよう

ここ数年は、地球温暖化やオゾン層の減少により、地上にふりそそぐ紫外線の量が増加しています。適量の紫外線は人間の成長と健康のためには欠かせないものですが、過剰な紫外線は、皮膚に多大な悪影響を与えます。

紫外線を大量にあびると、日焼けをして炎症を起こすだけではなく、シミやそばかすの原因になることもあれば、最悪の場合は皮膚がんを発症してしまうことさえあるのです。

ですから、現代社会においては、日常的に紫外線対策を行うことが常識となりつつあります。特に、肌の美しさにこだわる女性にとって、紫外線によってシミやシワができるのはとんでもないことです。外出の際には、常に日焼け止めを塗って、しっかりと紫外線を防止する必要があります。

しかし、敏感肌の人にとっては、市販の日焼け止めは肌への負担が大きすぎる場合があります。日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤は、美白効果はあるものの、それだけに肌にとっては刺激的な成分となりがちなのです。

ですから、敏感肌の人は、紫外線吸収剤ではなく、紫外線反射剤が使われている日焼け止めを使うようにしましょう。また、日焼け止めに頼るだけではなく、日傘や帽子などで防止するのも、敏感肌の人にとっては大切なことです。日焼け止め効果も見込める敏感肌ファンデーションなども、チェックしてみるといいかもしれません。十分、紫外線には気を付けましょう。

Comments are closed.